地下水開発とはどんなことでしょう

地下水開発とはどんなことでしょう

地下水と言って私たちがすぐ思うのは井戸水でしょうか。

あるいは温泉と答える人もいるかもしれません。

ある辞典によると地下水とは地面より下にある水の総称であるとか、地層に含まれた水分が飽和状態になって貯まるものが地下水ということのようです。

地面の奥深くには水脈があることはなんとなく知ってはいますが、日常生活においてそう意識したことはありません。

水道をひねればすぐ豊富な水を得られる日本ではきれいな水があることが当たり前だからです。

しかし、発展途上国においては未だにそういった設備もなく濁った雨水が生活用水であったり、遠くまで水を汲みにいくそんな日常があります。

そういった所で日本の地下水開発の技術が活かされていることはテレビなどで見る事がありますから、知ってはいます。

私の見た番組は土木用の重機を使わずに井戸を掘ろうと途上国で一人奮闘する日本人でした。

地下水開発という言葉とは遠いかもしれませんが、立派な技術だと思いました。

地下水と温泉の違いは

地下水開発というのは具体的にどういったことなのでしょうか。

温泉を地下水と言っていいのなら、日本中にある温泉を掘り当てるといったことは地下水開発といえると思います。

しかし、温泉を地下水と思ったことは私個人はなかったというのが正直なところですし、その違いを考えた事もありませんでした。

地下水開発を行う会社サイト

地下水と温泉の違いと調べると、温泉法ということで定義づけられているものが温泉で一般の地下水と、一応区別しているようです。

それによると、温度が25度以上であり、炭酸やイオンといった成分を含むものといったことのようです。

そういえば、温泉に行くと、ここはこういった成分により体にいいというような効能書があったりしますよね。

飲料水にできるかできないかとなると、飲める温泉水もありますし、飲めない井戸水もありますから、そういった違いではわけていないようですが、開発といった観点からから思うにどちらも資源であることから地下水であるといえるかもしれないです。